甲斐のむかし道・小尾街道巡りウォーク(4)  (明野総合支所〜根古屋神社)

新型コロナウィルスの感染状況を考慮して、延期いたします。

開催日:2021年6月14日(月)

※参加資格:八ヶ岳歩こう会会員及び会員同伴者

大嶽山神霊の碑と百番観音
根古屋の大ケヤキ

第4回は、コースの前半においては、視界が大きく広がった明野町の上手より浅尾新田及び浅尾にかけて、茅ヶ岳西麓の丘陵地帯のウォーキングになります。
正面に見える八ヶ岳は、裾野まで広げた優雅な姿をみせてくれます。左手には、甲斐駒ヶ岳はじめ南アルプスの名高い山々は、個性のある素晴らしい姿をみせてくれます。
特に、真冬の晴れた日には雪を深くかぶった山々の姿は、富山湾の沖合より眺める北アルプスの劔岳・立山連峰に劣らない美しい姿を見せてくれます。後半にかけては、山間に囲まれた須玉町、小池平に仁田平を抜けてゴールの根古屋集落に入ります。小池平と仁田平の集落は、山間部にありながら地名は平の字になっています。不思議です。
足元に目をやると江戸時代に造ったと言われている、二つの代表的な堰と呼ばれる用水路が見ることができます。隣の江草八巻から引いた朝穂堰、もう一つは塩川から引いている両村堰になります。明野より穂坂に至る広い地域の人達に恩恵を与えています。先人たちが、水不足に常に悩まされて大変な苦労して堰が造られた歴史に思いを馳せながらのウォーキングになります。
途中、県道23号(穂坂路)の一部を通リます。道幅が狭く歩道が少なく、車の往来が多いコースになります。お互いに注意して楽しいウォーキングに努めていきます。
・コース:明野総合支所(トイレ)→大獄山神霊の碑と百番観音→浄居寺(トイレ)→大福寺(昼食・トイレ)→浅尾池の下の供養塔群・道標(左江草・右やま道)→三嶋神社(お筒粥の神事)→浅尾発電所→根古屋神社・大ケヤキ(トイレ)
・距 離:12KM位。
・集 合:10:00 明野総合支所、北杜市明野町上手5219-1 TEL0551-42-1112
 車で乗り合わせて参加される方、韮崎駅前 9:30→明野総合支所
 解散後、根古屋神社→韮崎駅 送迎になります。
 予約制、12名、6月11日まで、(往復、一人/1000円)担当、田中迄に連絡ください。
 車で参加される方は、明野総合支所に駐車します。極力、隅の方に駐車します。解散後、根古屋神社にて3台〜4台の車に乗り合わせて、明野総合支所に送ります。担当:小林光修
・解 散:根古屋神社 15:00頃
・参加費:会員 300円 一般 500円
・持ち物:弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証・その他
・担当者:田中哲夫(090-4927-5044) 小林光修(090-4676-2067)
・その他:根古屋の大ケヤキについて、二本の大ケヤキの巨樹が、ゴール地点の根古屋神社境内にあります。それは見事です。芽吹きの遅速によってその年の田畑の豊凶を占うそうです。国指定の天然記念物になっています。