日本三大堰・徳島堰を巡るみち(Part3)

美しい日本の歩きたくなるみち500選(19-8)

開催日:2022年12月12日(月)

武田の里は、きれいに刈り取られた田んぼは、初冬の景色を見せてくれます。里のシンボルである甘利山の優しい稜線を右手に見ながら、山裾に沿うように流れている徳島堰を歩きます。
最大の難工事であったと言われている御勅使川暗渠(みだいかわあんきよ)は、天下の暴れ川で知られている御勅使川の川床の下を、川幅150M程の長さを横断するように暗渠(トンネル)が通っています。新たに、先人達の偉大さを知ることになります。
コースにおいては、道幅が狭くて歩道がない所を歩きます。車が近づいたら互いに声を出し合って、車に注意していきます。
・コース:韮崎駅(トイレ) → 願成寺(トイレ) → 韮崎大村美術館・大村先生の生家(ノーベル賞) → 大公寺(昼食・トイレ) → 御勅使川暗渠 → 県立御勅使南公園(トイレ)
[コースマップ][グーグルマップ]
・距 離:約11km
・集 合:JR韮崎駅 9:40
 上り、小淵沢駅8:48→穴山駅9:17→韮崎駅9:24
 下り、塩山駅8:39→石和温泉駅8:52→甲府駅9:16→韮崎駅9:30
・解 散:県立御勅使南公園(管理事務所付近) 15:00
解散場所より最寄りの駅まで離れています。市営バス利用の方は、近くの社会福祉村停車場で乗車します。
(社会福祉村、始発15:40→韮崎駅16:01 一人/370円)
足に自信のある方は、最寄りの塩崎駅まで歩きます。(約4KM)
・参加費:会員300円 一般500円
・持ち物:弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証・マスク・その他
・担当者:田中哲夫((090-4927-5044)) 恵星富子・池田敏子・望月澄子

[印刷用ファイル]