甲斐のむかし道・小尾街道巡りウォーク(1) 甲府駅~塩崎駅

開催日:2020年12月9日(水)

※参加資格:山梨県内在住の方

小尾街道シリーズは、のんびりと往時の面影を偲びながらのウォーキングにしていきたいと思います。道中においては、甲府市塩部を起点にして茅ヶ岳山麓を横断しながら信州峠に至る、甲斐と信州を結ぶ古道の一つになります。予定では、7回にわけて実施していきます。
いにしえの(穂坂牧)を街道が通っていたことから、穂坂路という呼称となったそうです。
尚、地元の人は(おびけえどう)と呼んでいます。シリーズ期間中においては、小尾街道と呼んでいきます。
道々には、狼煙台跡及び砦跡に口留番所跡等の史蹟を見ることができます。比志集落を過ぎると、みずがみ湖の底には塩川と本谷川が合流して御巣鷹の里(おすかたのさと)と呼ばれてた地域の一部が静かに眠っています。
第1回は、甲府市塩部、関谷地蔵尊前をスタートになります。甲府盆地の北部辺りのコースを辿りながら、冬景色した湯村山を右手に見ながら荒川の千松橋を渡ります。甲斐市島上条の八幡神社前を通って、旧双葉町の竜地台地を経て下今井に至るコースになります。
旧街道が、道路拡張工事等で整備されて残念ながら昔の面影が少なくなっています。
コースにおいては、車に注意しながらの楽しいウォーキングにしていきたいと思います。

・コース:甲府駅北口、信虎公銅像前(トイレ) → 関谷地蔵尊堂 → 万寿森古墳 → 塩澤寺→ 加牟那古墳・千塚公園(食事・トイレ) → 八幡神社 → 泣き石 → 塩崎駅(トイレ)
[コースマップ][グーグルマップ]
・距 離:11KM位です。
・集 合:甲府駅北口、信虎公銅像前 11:00
上り 小淵沢駅 10:02→長坂駅 10:10→穴山駅 10:20→甲府駅 10:41
下り 塩山駅 10:36→山梨市駅 10:42→甲府駅 10:55
・解 散:塩崎駅 15:30頃です。
・参加費:会員 300円 一般 500円
・持ち物:弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証・マスク・その他
・担当者:田中哲夫(090-4927-5044)/小林光修

印刷用ファイル