八ヶ岳歩こう会例会案内 2017・01・26掲載

江戸東京たてもの園玉川上水の桜

玉川上水は承応2年2月(1654)第4代将軍家綱の時代に玉川庄右衛門清右衛門兄弟によって工事を請け負い翌年8月に多摩の羽村から四谷まで全長43kmの上水道の施設として完成し江戸市民の飲料水をまかないました。現在は上水に沿って桜並木の遊歩道が作られ桜の名所として知られています。
江戸東京たてもの園は小金井公園の中にあり高橋是清、三井財閥本家その他30棟の建物が明治、大正、昭和の面影残して展示されています。

・開催日 2017年3月29日(水)

・コース 西国分寺駅 → 姿見池 → 恋ヶ窪交差点 → 兎橋 → 桜橋 → 小金井橋 → 陣屋橋 → たてもの園(昼食・トイレ) → 武蔵小金井駅
[コースマップ][Googleマップ]
・距 離 約14km
・集 合 JR西国分寺駅 10:00 (小淵沢駅発 6:50 甲府駅 7:38)
・解 散 JR武蔵小金井駅 15:00頃 (八王子駅発 15:46 高尾駅 16:24)
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダィアリー・保険証・その他
・担 当 和田 宏(080-1118-9070)  小塚敏夫(090-2175-0426)
・その他 青春18キップが使えますので各自グループでお願いします。
たてもの園には入園料が200円必要です。
たてもの園にはうどん処武蔵屋と言う店で食事ができます。