本文へスキップ

(社)日本ウォーキング協会所属団体

お問い合わせはTEL.0551-32-5888
FAX.0551-32-6877

八ヶ岳歩こう会会報

 【印刷用ページ→クリック
--- 第21期 9号 ---(2020年2月29日発行)

事務局からのお知らせ

先日、湘南藤沢ウオーキング協会主催のウオーキング大会に参加してきました。新型コロナウィルスの話題で持ちきりの現在、この大会は協議を重ねた結果以下の準備をして開催を決断したということです。
1)参加者の「密集」を避ける為出発式をとりやめ、フリースタート、自由歩行とする。
2)スタッフは全員マスクをつけて受付、立哨、などを行う
3)各ポイントでの給水は無しとする
4)各ポイントには消毒液を置く
5)弁当をたべる場合は流水で20秒間の手洗いを推奨する
6)少しでも体調に不安がある(でた)場合は、近くのスタッフに告げて撤退する。
なお、湘南藤沢ウオーキング協会では3月と4月の例会を全て中止としたそうです。日本ウオーキング協会からも各地の大会に対して、原則は主催者判断だが、中止が望ましいという伝達があったようです。
湘南ふじさわウオーキング協会は、一つの例会に何百人も参加するので、例会を中止されたわけですが、八ヶ岳歩こう会の場合は、せいぜい30名前後なので「密集」とまでは行かず、例会を中止する必要は無いと思われますが、念のため次の月例会の議題にあげて、皆で話し合いましょう。なにしろ万一の場合「重症化」しやすい高齢者ばかりの私達ですから(^^) (by多賀)

2020年3月の行事詳細

3月4日(水) 月例会 韮崎市民交流センター(ニコリ)/第7会議室 10:00
3月6日(金) 早春の赤沢宿ウォーク(早川町)
赤沢宿は、江戸時代より身延山久遠寺とその霊山・七面山を結ぶ参詣道にある唯一の宿場町として栄えました。現在も山の中腹にある集落には、往時の面影が街並みに広がっています。
早川町は、「日本一人口が少ない町」ですが、自然と歴史とがつまったところです。また、春の喜びを知らせてくれる可憐な花、セツブンソウ・福寿草も時期でもあり鑑賞出来ると思います。
それから、歴史の生き字引でもある‘名物大女将さん´の元気な姿と温かいお話しも期待しております。また、武蔵屋さんのお蕎麦にも会えます。
・コース 本建警察官駐在所・隣の駐車場(トイレ) → 赤沢宿(散策) → 江戸屋 → そば処武蔵屋(昼食・トイレ) → 白糸の滝(お万の方銅像) → 羽衣橋(トイレ) → 七面山道 → 本建駐在所(トイレ)
・距 離 約10キロ
・集 合 10時30分 本建警察官駐在所 住所:早川町高住(こうじゅう636)
かなりの遠距離であります。くれぐれも安全運転でよろしくお願いいたします。
なお、北杜市方面の方は、穴山駅8:40(甲府行)分乗相乗り@1,000(往復)で現地に向かいます。
・解 散 本建駐在所横 15:00頃
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 お弁当、飲み物、雨具、ウォーキングダイアリー、保険証、その他(暖かい服装で願います)
・担当者 木地勝男(090-1550-7451) 田中哲夫(090-4927-5044)
・その他 1、お昼の食事は、そば処武蔵屋(0556-45-3117)でもできます、
  予約制、当日の朝までにも可能です。@1100円位です。
2、セツブンソウの花言葉は ほほえみ/気品
  福寿草の花言葉は 幸福を招く
3月11日(水) 下諏訪からの中山道ぶらりウオーク・その2:塩尻宿~本山宿
前回は峠越えがありましたが、今回のコースは全く「真っ平」です。どなたも安心してご参加下さい。起伏の多い中山道では珍しい区間と言えるでしょう。その分県道や国道沿いの道となり、やや単調となりますが、見所も沢山ありますのでお楽しみに。
普段見学できない国の重要文化財「小野家住宅」(旅籠いてふや)の中を見せてもらいます。毎年新しい酒林を掲げる「笑亀酒造」の3月はまだ仕込みの時期なのですが、試飲だけなら大歓迎でお待ちしています、というお言葉をいただきました。そば切り発祥の地「本山宿」では、一軒しかない蕎麦屋を貸し切って蕎麦を堪能する予定です。ご期待下さい
・コース みどり湖駅10:00⇒三州街道⇒中山道⇒旅籠いてふや・造り酒屋「笑亀酒造」(WC)⇒阿礼神社⇒堀内家住宅⇒銅鐸出土地⇒耳塚⇒平出遺跡12:30(昼食その1 WC)⇒細川幽斎肘掛の松⇒追分常夜灯⇒あふたの清水⇒洗馬宿⇒牧野一里塚(江戸より60里)⇒本山そばの里14:30(昼食その2 WC)⇒本山宿⇒セツブンソウ群生地⇒日出塩駅16:00着
☆昼食について注意 今回はせっかく「そば切り発祥の地・本山宿」を通るので、蕎麦を食べたいと思います。ただしコース上、蕎麦を食べる時間が遅くなる(14:30頃)ので、12:30頃に一度軽食タイムを「平出遺跡」にて設定しました。軽い食べ物を各自ご用意下さい。その後せっかくですから「そば切り発祥の地」本山宿で遅いお昼を食べましょう。「山菜蕎麦」や「宿場御前」などを注文する、でも良し、酒と季節の天ぷらで一杯、でもよしです。
※メニュー例:
「そばぜんざいセット¥600」「山菜そば¥920」「せいろ¥920」「宿場御前¥1.160」「かきあげ¥260」「そば餅¥130」「栗おやき¥150」「ビール中¥490」「酒一合¥380」
お奨めは「宿場御前」です。そば餅、そばの実、そば団子の汁物がついてきます。当日午前中注文をとります。
・距 離 約13km
・集 合 みどり湖駅 9:50(駐車場あり)
中央線下り 甲府8:16⇒小淵沢9:02⇒みどり湖9:49着
・解 散 日出塩駅 16:00
☆帰りの時間について注意
乗り換え駅「塩尻」で鈍行利用の場合約40分の待ち合わせ時間があります。
1)日出塩16:12⇒塩尻16:20着 普通列車16:59発⇒小淵沢17:58着⇒甲府18:52
塩尻から特急あずさを使えば甲府に約80分早く着きます。
2)日出塩16:12⇒塩尻16:20着 特急あずさ16:38発⇒小淵沢17:11⇒甲府17:35
塩尻からは各自のご判断でお願いいたします。
・参加費 会員 300円 一般 500円 いてふや入場料200円 そば屋昼食実費
・持ち物 弁当 飲物 ウォーキングダイアリー 保険証 雨具など
・担当者 多賀純夫(090-8857-2864) 進藤律子(090-8948-2017)
3月17日(火) 360度の大展望と戦国時代の砦跡を訪ねる中山半日トレッキング
2015年と2017年に訪れた中山砦と展望台へ再訪します
2015年にはまわりの展望の見えなかった展望台も2017年には南アルプスエコパーク活動のお陰でまわりの松が伐採されて360度の展望を楽しむことが出来るようになりました
まわりの甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、富士山、金峰山、八ヶ岳連峰の山々も白く化粧して皆さんを迎えます
お昼過ぎには台ケ原宿まで下山し解散後に散策や昼食を楽しんで頂くように計画しました
・コース 市営台ケ原駐車場 → 台ケ原宿 → 白須信号 → 中山古道 → 中山峠 → 中山展望台 → 中山砦跡 → 根古屋尾根 → 曲足林道登山口 → 台ケ原下入口 → 台ケ原宿看板前
・距 離 約7km(台ケ原から標高890mの中山砦まで標高差310mを登り降りする山道です)
・集 合 9時 北杜市営台ケ原駐車場(グーグルマップあるいはナビで確認できます)
・解 散 12時30分頃 台ケ原宿看板前  解散後は台ケ原宿散策を楽しんでください
・服 装 滑りやすい山道を歩きますのでトレッキングシューズと山道に適した服装、ストックがあれば便利で安全です
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 防寒具 手袋 飲み物 ウオーキングダイアリー 保険証など
昼食は解散後に予定していますので小腹を満たす間食を用意してください
・担当者 リーダー重田友五郎(090-3687-9343) サブリーダー小林光修(090-4676-2067)
注意事項:市営駐車場出発後に白州総合支所に立ち寄りトイレを利用します
その後は台ケ原宿へ下山するまでトイレはありませんので注意してください
滑りやすい山道部分がありますので前日又は当日雨天の場合は中止します(HPで告知しますので中止の可能性がある場合は確認をお願いします)
3月18日(水) 鏝絵巡りシリーズ第7回:長坂の鏝絵巡り
山梨県の鏝絵処は津金と小淵沢、でもその間に位置するここ長坂にも十数カ所に鏝絵がみられます。須玉や津金に多く見られる「松に鷹」は1件だけ。「松に鶴」はこのコース以外にも1件あり合計3件。いずれもデザインはそっくりで、それをそれぞれ違う味に仕上げています。同じ職人さんの作品なんでしょうね。
小海線甲斐小泉駅を起点に長坂駅までを標高差400m以上を歩き下るこのコース、距離はありますが前方に冨士、左に奥秩父連邦、右に甲斐駒そして背後に八ヶ岳と四方に名山を眺めながら快適に進めるウォークです。
こて絵(鯛を釣り上げる恵比寿様) こて絵(松に鶴)
こて絵(大黒様) こて絵(松に鷹)
・コース 甲斐小泉駅(トイレ) → 小荒間地区(鏝絵4件) → 横針集落(鏝絵1件) → 中央高速八ヶ岳パーキング(昼食・トイレ) → 白井沢地区(鏝絵1件) → 西和田地区(鏝絵1件) → 成岡地区(鏝絵3件) → きららシティ(トイレ) → 大八田塚原地区(鏝絵2件) → 長坂駅(トイレ)
・距 離 約15km
・集 合 10:20 小海線甲斐小泉駅前駐車場
(甲府8:53→韮崎9:07→穴山9:14→長坂9:36→小淵沢10:06→甲斐小泉10:14)
甲斐小泉駅はスイカ(Suica)が使えませんので、乗車時にスイカでのらないようにして下さい。
・解 散 15:30ころ  長坂駅
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 昼食 飲み物 雨具 ウォーキングダイアリー(会員のみ) 保険証等
・担当者 小澤 久 村松光比古
・その他 今回歩く、長坂の鏝絵については以下のページを参考にしてください。
長坂の鏝絵 http://susuki.chips.jp/?page_id=9384
3月23日(月) 下部醍醐山トレッキング
標高634M、今人気が高まっている御存じ醍醐山トレッキングです。頂上からの景色は東京スカイツリーとは少し違いますが、南アルプス、八ヶ岳、茅ヶ岳などを一望し、足下には富士川の流れを見渡せます。
春のひと時気持ちのいい汗を流し心身ともにリフレッシュしての心地よい疲労感は下山後の充実感をさらに高めるでしょう。
当然ですが、頂上に着くまでは殆ど登り、帰りは下りです。時間には十分余裕がありますからゆっくり歩いて或いは下部温泉入浴が可能かも。
そこで、注意点が4点あります。ご留意ください。
1. 靴はトレッキングシューズがお勧めです。
2. なるべくストックをお持ちください。2本あれば更に良いでしょう。
3. トイレはスタートの甲斐常葉駅とゴールの下部温泉駅のみで途中にはありません。スタートまでに済ませましょう。
4.甲斐常葉駅周辺にコンビニはありません。念のため。
・コース 甲斐常葉駅(トイレ) → 鳩打峠 → 醍醐山展望台(昼食) → 醍醐山山頂 → 大子集落 → 下部温泉駅(トイレ)
・距 離 約6Km ・標高差 約420m
・集 合 甲斐常葉駅 10:30
・中央線上り 小淵沢8:01 韮崎8:26 甲府着8:40
 中央線下り 塩山8:18 甲府着8:38
・身延線甲府駅発 9:06 甲斐常葉駅着 10:26
・解 散 下部温泉駅 身延線下り15:58
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当、飲物、ウォーキングダイアリー、保険証、雨具など
・担当者 村松(090-6526-6737) 小野
・その他 3月21日(土)時点で、当日23日(月)の降水確率が50%を越えた場合日程の変更がありますので、22日以降に当会ホームページをご確認ください。
3月25日(水) 江戸巡礼古道ウォーク:秩父三十四ヶ所札所めぐり第1回
       1番:四萬部寺~8番:西善寺
江戸巡礼古道を使い秩父34札所を巡るウォークの第1回目です。札所1番の四萬部寺を出発し、札所8番の西善寺あたりをゴールの目標にしますが、帰りの時間を優先し4時から4時半頃秩父を出発します。
1番から2番の真福寺まで距離2.3Km、標高差170mの上り、3番の常泉寺までが距離3Kmのちょっと急な下りの山道でこの回の唯一の難所です。あとは街中歩きですが、こんなところが江戸巡礼古道?と思うような人家の庭先を通ったり、狭い道があったり、結構楽しめます。
・コース 四萬部寺 → 真福寺 →光明寺 → 常泉寺 → 金昌寺 → 五歌堂 → 卜雲寺 → 法長寺 → 西善寺
トイレは各札所とコース上にいくつかあります。
昼食場所は光明寺(2番札所の納経所)または浄泉寺を考えていますが、進行状況により当日決めます。
・距 離 約12km
・集 合 平田家住宅前駐車場7:00 甲府駅北口7:50
道の駅花かげの郷まきおか8:20
・解 散 甲府駅北口 19:00頃
・参加費 会員 500円 一般 1000円 バス代4,000円程度
(バス代は参加者数等により増減の可能性があります)
・持ち物 弁当、飲み物、雨具、ウォーキングダイアリー(会員のみ)、保険証等
・担当者 大嶋俊壽/進藤律子
・その他 バスウォークで事前申し込みが必要です。
申し込み先:多賀 090-8857-2864 又はFAX0551-32-6877
メール:taga-ya@pairhat.jp
バスでの往復に時間がかかるため、歩く時間が制限されます、円滑な進行のためいろいろお願いをすることがあります、ご理解ください。
3月30日(月) 駅からウォークシリーズNO.4(市川本町~鰍沢口編)
駅からウオークシリーズ第4回目は大法師公園お花見ウオークです。好天を祈り、桜の開花を期待して、皆様のご参加お待ちしています。
大法寺公園の桜 大法寺公園からの富士山
・コース 身延線・市川本町駅(トイレ) → 宝寿院 → 富士川大橋 → 道の駅富士川(トイレ) → ギャラリー六斎(試飲500円) → 最勝寺(トイレ) → 大法師公園(昼食・トイレ) → 富士橋 → 身延線・鰍沢口駅(トイレ)
・距 離 約12km
・集 合 市川本町駅 10:00
小淵沢8:21 長坂8:28 穴山8:38 甲府着8:59
山梨市8:25 石和温泉8:31 甲府着8:38
身延線 甲府発9:06 南甲府9:20 市川本町着9:44
・解 散 鰍沢口駅 15:00頃
鰍沢口始発甲府行き 15:03
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 昼食・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証など
・担当者 田中憲一(090-8592-1379) 村松光比古
・その他 1.集合駅(市川本町駅)と解散駅(鰍沢口駅)が異なりますのでご注意ください。
2.3月中旬にJRのダイヤ改正が予想されますのでご注意ください。

2020年4月の行事詳細

4月1日(水) 月例会 長坂農村環境改善センター 10:00
4月2日(木) 武川・神代桜と舞鶴の松ウォーク
武川町には日本一が3つあるそうです。 山高の「神代桜」、「精進ヶ滝」、萬休院の「舞鶴松」です。ところが樹齢450年と言われる舞鶴松が松くい虫の被害にあい2008年3月に伐採。庭の一部に展示されています。今の舞鶴の松は三代目(樹齢100年)となります。山高の神代桜は、山梨県武川村山高の日蓮宗実相寺境内にあり「日本三大桜」のひとつです。樹齢約2000年といわれ、実相寺境内ではスイセンやチューリップが咲き、訪れた皆さんを歓迎してくれることでしょう。皆さんのご参加をお待ちしております。
神代桜舞鶴の松
・コース 甲斐駒センターせせらぎ(トイレ) → 山高の神代桜(トイレ) → 萬休院の舞鶴松(昼食/トイレ) → 甲斐駒センターせせらぎ
・距 離 約10km
・集 合 9:30 甲斐駒センターせせらぎ(北杜市武川町牧原1243)
・解 散 4:00頃 甲斐駒センターせせらぎ
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証など
・担当者 小林光修(090-4676-2067) 市川富美子(0551-37-6440)
4月8日(水) 古道・青梅街道巡りウォーク第2回(春日居町駅~東山梨駅)
第2回は、秩父街道(R-140号)に別れて、旧春日居町別田三差路を右に折れて人通りの少ない青梅街道に入ります。道端には、道祖神に祠が静かに佇んでいます。由緒ある神社仏閣を多く見ることができます。現在も旧街道の面影を色濃く残しています。この辺りは、東郡(ひがしごうり)と呼ばれて果樹地帯が広がっています。季節になると、[桃源郷]となり桃の花が一斉に咲き誇ります。又、足元を見れば菜の花が一面に咲いて桃の花と菜の花とのコントラストが素晴らしい風景を眺めることになります。遠く前方には、頂きに雪を残している優しい姿の大菩薩嶺が見えてきます。アップダウンが少なく、歩き易いコースになっています。楽しいウォーキングになると思います。
尚、2019年10月30日(水)、朝日新聞・[歴史の道百選]に山梨県より青梅街道が選ばれました。選ばれた記念にあわせて、青梅街道をより頑張って楽しいウォーキングにして行きたいと思います。
・コース JR春日居町駅(トイレ) → 別田の三差路 → 根津記念館 → 万力公園(昼食・トイレ) → 根津橋 → 山梨市駅 → 八日市場跡 → 東山梨駅(トイレ)
・距 離 約10km
・集 合 JR春日居町駅 足湯公園広場 10:00
下り(大月駅9:09→塩山駅9:38→山梨市駅9:44→春日居町駅9:47)
上り(明科駅始発7:14→小淵沢駅8:58→長坂駅9:05→日野春駅9:11→穴山駅9:15→韮崎駅9:23→甲府駅9:37着)乗り換え(甲府駅9:40→春日居町駅9:50)
・解 散 JR東山梨駅 15:00頃
上り(東山梨駅15:09→大月駅15:41)
下り(東山梨駅15:26→小淵沢駅16:24)
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証・その他
・担当者 田中哲夫(090-4927-5044) 伊藤清(090-5331-3173)
・その他 【参考資料】
・別田の3界万霊塔(道標) 秩父街道との分岐点にあり。高さ81cm。界の字半分から上が欠損。正面 界萬霊等 右はきはら道 左やはたみち 右 施主岩下伊藤文右門
・保泉寺 寺前の石造物群
 道標 年号がない、江戸時代のものと思われます。青梅街道と秩父街道の分岐点にあったことになるが、旧の所在地は不明です。
 右はきハら  観世音 かハうら  左やはた にしふ
・別田の道祖神 石積みの上に双体像及び丸石を置く。別田村の豪農 加賀美氏が奉納したもの。(天保七申年正月吉日 加賀美氏)
・地蔵院 (十一面観音菩薩)曹洞宗広厳院末 開基は茂手木七郎兵衛信定、本尊は京より持参した地蔵菩薩(現本尊)を胎内に蔵した不動明王で、永正十三年には、武田信虎が岩下越前守に命じて駿州伊勢の退散を行ったという。
・一行寺 (カヤの木)浄土宗知恩院末。当寺は他阿真教により一蓮寺と同時に創立されました。
・念仏寺(小川正子のお墓) 浄土真宗(東本願寺派)甲州に配流された良純法親王に良藥を献じたという。
・桑戸の道祖神(1) 径三十センチの丸石を祀る。台座銘(道祖神 宝暦十一年巳正月)
・桑戸の道祖神(2)丸石を祀る。台座銘(猿田彦命 明治三十有四年一月再設還座)
・小川正子の生家 小島の春の作者。ハンセン病患者さんに生涯介護を尽くした人です。
・万力公園 万葉集にちなんだ(万葉の森)が広がる自然豊かな公園です。
・根津記念会館 (鉄道王)と称された根津嘉一郎の実家を復元・整備された大切な建物です。
・聖徳寺 臨済宗塩山向嶽寺末。武田信縄の牌子を祀る。境内に信縄の墓と伝える五輪塔があります。武田家17代信虎の父にあたる。
・根津橋 根津嘉一郎からの十五万円の私財寄付により、幅3.6m 全長90mの根津大橋は大正十二年四月に完成。この橋の架け橋により、当時の東山梨郡加納岩村と同郡万力村が結ばれ、日下部駅(現・山梨市駅)の利用を始め、地域の人々にとっては橋の開通により安全面を含め非常に便利になったと言われています。根津橋は平成四年に新しい橋に架け替えられ、初代根津橋の花崗岩で造られた高さ1.5mの親柱4基は、根津記念会館と根津橋の袂付近にそれぞれが保存されています。
・法蔵寺 浄土宗京都知恩院末。山号大乗山、安田義定より寺城の寄進を得て一宇を建立。延命地蔵を本尊としたと言う。
・小原東のザクロ 県指定天然記念物 幹1.25メートル 樹高7.35メートル。
・西願寺 浄土真宗。六地蔵憧、境内にあり、市指定文化財(永禄二巳末六月日 本願徳月文公記 為法供養僧十五人)
・八日市場跡 戦国時代から江戸時代にかけて市場が開かれていたという。貴重な文化財です。   
4月9日(木) 山梨市駅リニューアル記念・桃の里ウォーク
現在改装中の駅舎が、3月には供用開始となります。新たに出来る北口からぐるりと桃の花を巡りましょう。
・コース 山梨市駅(トイレ) → 八幡大神社(トイレ) → かのかわ古道 → 唐土神社 → 木造五大明王像(平安時代後期)(トイレ) → 重川遊歩道 → 体育館(昼食・トイレ) → 市役所(トイレ) → 山梨市駅
・距 離 約13キロ
・集 合 山梨市駅北口広場(改札は一カ所) 10:00
上り 小淵沢8:57 甲府9:40 山梨市10:00
下り 大月9:08 山梨市9:42
車の方は「万力公園駐車場」(無料) 駅は根津橋を渡って5分ほど
・解 散 14時ころ
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証・その他
・担当者 小塚敏夫(090-2175-0426 田中憲一
4月15日(水) 信州まつもと井戸巡りウォーク
新型コロナウィルス対策を考慮して延期いたします。
4月20日(月) こぶしの里 担当:進藤
4月22日(水) 白州ぶらーり探索
白州町には3つの日本百選があります。甲斐駒ヶ岳(日本百名山)、清流の尾白川(日本百名水)、江戸時代に甲州街道の宿場町として栄えた台ヶ原宿(日本の道百選)です。
四季折々素敵な白州町、皆様をご案内します。昼食はゴールの「道の駅はくしゅう」となります。お昼が少し遅くなりますので携帯食を休憩時に召し上がってください。昼食は道の駅の食事処で注文することも可能です。
・コース 道の駅はくしゅう(トイレ) → 巨麻神社(津島神社・秋葉神社) → 安福寺 → 麓ジェラート前 → 関の桜 → 王太神社 → 道の駅はくしゅう(昼食・トイレ)
・距 離 約12km
・集 合 道の駅はくしゅう駐車場  9:00
・解 散 道の駅はくしゅう駐車場 13:00頃
・参加費 会員 300円 一般 500円
・持ち物 弁当・飲み物・雨具・ウォーキングダイアリー(会員のみ)・保険証など
・担当者 小林光修(090-4676-2067) 市川富美子(0551-37-6440)
4月29日(水) 春の薩埵峠越えウォーク 担当:田中哲夫・木地勝男

2020年5月の行事詳細

5月11日(月) ぴんころ地蔵尊ウオーク 担当:田中憲一
5月13日(水) 月例会 長坂農村環境改善センター 10:00
5月20日(水) 鏝絵シリーズ第8回:青柳駅~茅野駅鏝絵見て歩き
5月27日(水) 江戸巡礼古道ウォーク~秩父三十四ヶ所札所めぐり~ 第2回
 

八ヶ岳歩こう会

ロゴ
〒408-0031
山梨県北杜市長坂町小荒間686-1
TEL.0551-32-5888
FAX.0551-32-6877
Mail:office82@ywa.jp
--------【印刷用】-----------
例会参加者名簿用紙(会員用)
例会参加者名簿用紙(一般用)
歩け新聞用原稿用紙