逸見路を歩く第3回 車坂~台ケ原の道標

開催日:2024年5月23日(木)

逸見路の起源は定かではありませんが、かつては逸見筋と呼ばれていた地域にあった街道を逸見路と呼んでいたようです。その中には平沢口(佐久往還)、大門嶺口(棒道)、それに諏訪口(逸見路)が含まれていたようですが、江戸時代に五街道が整備され諏訪への中心的な街道が甲州街道となったころから諏訪口のみを逸見路と呼ぶようになったと考えられています。また甲州街道の脇往還として使われた原路もかつては諏訪口の一部であったと考えられます。そこで今回の「逸見路を歩く」は逸見路と原路を歩いてみます。第2回目は逸見路が塩川を渡り現国道141号線と交わる相垈交差点からスタートし車坂と呼ばれていた七里岩に上る坂を上ったところまででした。第3回目は逸見路としては車坂を上ったとところですが、ウオークのスタートは前回ゴールの穴山駅です。そして逸見路のゴールは逸見路が甲州街道との合流点台ケ原の道標(花水坂)で、そこからの帰路は山梨交通または北杜市民バスを利用します。
・コース:穴山駅(トイレ)→若神子新町の大モミ→日野春駅(トイレ)→花水坂→台ケ原の道標
コースマップ」「グーグルマップ
・距 離:約10km
・集 合:穴山駅 9時30分
 上り 小淵沢駅 8時48分発 穴山駅 9時16分着
 下り 甲府駅 8時50分発 穴山駅 9時11分着
・解 散:14時30分ころ
 帰路のバス時刻
 花水坂発 韮崎駅行き 山交バス 14:55
 台ケ原ポンプ小屋前発 長坂駅行き 北杜市民バス 13:14/14:47
・参加費:会員300円 一般500円
・持ち物:弁当、飲み物、雨具、ウオーキングダイアリ(会員のみ)、保険証、その他
・担当者:大嶋俊壽(080-2044-4766)
・その他 昼食場所等は未定です

印刷用ファイル